So-net無料ブログ作成
検索選択

ここまでくると。。。 [妻]

案の定
妻からは何のアプローチも無く
痺れを切らしてこちらから問いかける

私『何か話すことは無いのか?』
妻『仕事はやめないからね』
私『じゃあ離婚するということだな』
妻『それしか言わないから何もいえなくなる』
私『自分がしたことを考えたらそんな言い方は出来ないはず』
妻『言っとくけど彼とはSEXして ないからね』
私『そういう問題ではなく約束を守らないことが問題』
妻『そうやって監視しているんだもんね』
私『もともとは誰が悪いんだ?それがお互い特にならないから離婚と言っているんだ』
妻『私は離婚しないからね』

意味がわからない。。。

とりあえず彼とは連絡取らないことを再確認し
【離婚】は無しにしたが
久しぶりにSEXしようとしたら
断られた
『したくない』

セックスレスの始まりか。。。
やっぱり離婚したいと思う。。。。
心の支えにも欲求の支えにも子供を任せることも出来ない
そんな彼女を妻だと思い続けることも
そんな彼女に気を使い続ける自信が
まったく無くなってしまった

子供に迷惑かけないようにと
仲のいい夫婦を演じるのもつらくなってきた
いっそのこと本気で浮気して
別れたほうが自分のためなのかも知れない

また約束を破られた [妻]

また、彼と電話をしていた

着信暦・発信暦ともに消していたので
不審に思って問い詰めたら
めんどくさそうに
『仕事の話をしていただけ』
とふてくされる始末

今回はかなり確実な情報がある
電話でやり取りが合った翌日
(その時点では電話の確認はしていなかった)
私は仕事で昼過ぎに一度帰宅したら留守
子供に聞いたら
『お化粧して何も言わずに出て行った』
とのことで、そのときは買い物か?
と思っていたが
夜中に仕事から戻ると
ペットボトルが3本増えていただけ

翌日は私も休みの予定で
子供もいる日で買い物には出るので

わざわざ前日に買い物する必要は無く
しかも買い物した場所が少し遠いし
ジュースをわざわざ買いに良く場所でもない

不審に思ってカレンダーに書いておき
今月送られてきた先月の通話明細で確認し発覚した

時間差があるし
確証できる写真もないので
証明は出来ないが
何とも言いがたい屈辱である

2日前の夜に
明細が届いたので
離婚してくれ』
と宣言した

どうやら禁酒しているみたいだが
謝るそぶりも会社を辞める気もないらしい

まったく寂しい話。。。

人の気も知らないで
今も隣の部屋で寝ている。。。

別にそこまで嫌いじゃないし
素直に謝って彼のいる会社を辞めて
関係を一切なくして
その件については報告してくれさえすれば
別に良いといっているのに
そんなにも彼のいる職場が良いのであろうか?

私には妻の本音がわからない

ただ言えるのは
このまま適当になるのは
本当に許せない
どうしたらいいのだろうか?

許せるか許せないか? [妻]

いつまでたっても許せないのは
私が悪いのか?

仕事で疲れているし
悩みも半端じゃない
妻も家族も大事だし
完全になくなるのは寂しくもある

頼ることも難しく
愛も良くわからない

ただ裏切られたことが
許せない
今じゃなく
過去でも忘れない

これが2回目だから

きっと妻にはわからない
重さが。。。
正直苦しい
死ぬことも別れることも

すべてが許せる日は
くるのだろうか

また今夜も寝付かない [妻]

いつになったら落ち着くのか

もう無理なのかも知れないと思うことある
今までも嫌だと思うことはあった
しかし、浮気を知った今は
許せたことが許せなくなる

子供はまだまだ私を求めてくれて
正直、心苦しい
妻には感情が微妙になっている
すべてが疑いである

仕事では常に戦っているつもり
家では泣き言も言いたくなる
でもそこにあるのは
妻に対する不信感だけ

おかしいのは良くわかる
妻のうわき相手に鼻で笑われたことも
妻が私よりも浮気相手を選んだことも
私にはまったくわからない

それでも会社をやめない
妻の本音がわからない
本当は離婚したいのではないだろうか?
そう都合よく思うのは私だけ?




いまだ悩む [妻]

いまだに浮気されたことが
頭から離れない

ついつい冷たい態度をしてしまう。。。

どうしたら解決するのかは
自分ではどうしようもない

会社を辞めて
別の土地に行こうかとも
本気で考えている

逆に浮気で返してみるか?
そう思うこともあるが
本気で受け止めてくれる人がいたら
戻れなくなりそうで怖い

戻りたくないと
思っているのは
本当は私なのか?
自分でもよくわからない

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。